FC2ブログ

Epidemic revolution(6)

Epidemic revolutionの第六話です。

「続きを読む」からご覧になれます。
(※今回エロいシーンは特に無いです)

3/2 0:24 更新




517DD7E2.png

「……ピッ……指紋認識完了……」

「……ピッ……虹彩認識完了……オカエリナサイ、ミスターグリーン」

ウィーン……

「……指紋と虹彩は、変わっていないらしいな……」


…………


517E0474.png

「ふぁ~……めぼしい書籍は当たってみたけど
 グリーンの言ってたような毒は見つからないな……
 新しいタイプの毒かもなぁ」

青海透(あおみ とおる)は、
同僚のメディスングリーンのリクエストに応え、
昨日から人間の性格を変化させる毒物について調査を進めていた。

コンッ……コンッ……

「ん……開いてるよー」

ガチャ……

「……全く、相変わらず不用心だな、ブルー。
 鍵ぐらいかけておけ……」

その口調は、透の良く知る同僚、メディスングリーンのものだった。
しかし、透はその声に違和感を覚える。

「……グリーン?なんか妙に声が高くない……ぇ……」

517DE200.png

「…………」

51739EF8.png

「ええと……誰?」


「私だよ、ブルー……
 メディスングリーン、緑川正義だ……」

51739EF8_2.png

「グリーン!?
 お前が!?」


…………

1時間後……

「ううむ、確かにグリーンだな……」

指紋・虹彩・声紋・筆跡・記憶……色々と調べたが、
それら、人間を簡易的に識別するための特徴は全て、
目の前の女性が、同僚のメディスングリーンであることを示していた。

「こいつも毒のせいなのかな……?」

「人を女にする毒も娼婦にする毒も聞いたことがないから
 何とも言えないな……
 分からないことだらけだぜ……」

「…………」

517BBDB8.png

「しかしひどい充血だな……
 しかも虹彩の周辺に集中している。
 こんな事あり得るのかよ……」

「女体化させる毒だ、なんだってアリなんだろう……」

「……とりあえず見た目の観察はこんなものか。
 よし、血液を採らせてもらうぞ。
 全身にこんなに影響が出てるんだ、
 毒のせいだとしたら、毒が血中に含まれているのは疑いない。」

「ああ、もちろんだ。だがその前に……
 私に拘束衣を着せておいてくれないか?」

「拘束衣?精神病患者じゃあるまいし……」

「いや、私の精神には、今問題が起きている……
 精神がどんどん変質していっているのを感じるんだ……」

「変質……?」

517E620C.png

「あぁ、お前のような逞しい男と話し、匂いを嗅いでいると……
 なんだかムラムラして……
 私がオンナになったことを自覚してしまい……
 体が……熱く疼いてくるんだ……」

「……お、おい……変なこと言うなよ。
 あと近ぇよ……
 気持ち悪ぃからやめてくれよ……」

「あぁ、分かっている……
 いかに今自分がおかしいことを言っているかも、
 分かっているつもりだ……
 だから、私が完全におかしくなってしまう前に、
 私を拘束しておいてほしいんだ……」

「……分かったよ、そこの拘束衣を着ておいてくれ。
 怪物用に誂えてあった特注品だ、
 お前が全力で暴れまわったとしても
 ちょっとやそっとじゃ壊れんだろう」

「すまないな……」


…………


517BEAFE.png

「……おほん、待たせたな、グリーン」

「妙にあらたまってるな、ブルー」

「……血液中から毒は見つからなかった、が
 そのかわり、大量のウィルスが発見された。」

「……ウィルス……」

「しかも、かなり厄介なシロモノだ。
 一緒に取らせてもらったお前の細胞だが……
 何割かの細胞で、遺伝子がお前のものと一致しなかった。
 どうやら、遺伝子自体を書き換えちまう、
 今までにないウィルスらしい」

「……どういうことだ?」

「遺伝子というのは、生物の設計図と言われていてな、
 人にもカエルにもアメンボにもチューリップにも、
 みんなあるものだ。
 そしてその設計図の中身は、
 双子でもない限り同じにはならない」

「それがウィルスによって書き換えられるということは……
 私は別人になってきているということか?」

「……いや、もう少し悪い。
 ウィルスに書き換えられた部分は、
 遺伝子の中でも人間ならみんな一致するはずの部分だった。
 そこが一致しない生物は人間ではない。
 ……お前は、人間じゃなくなってきているんだ」

「…………」

「…………」

「……人間じゃないなら、私は……なんなんだ?」

「……分からない……
 今のお前がどんな生物になっているのか
 俺達に調べさせてくれないか?」

「もし、会社の新人とやらのせいでこうなったのだとしたら、
 こいつは、感染だ。
 お前が新人と会話したり、新人の触ったものに後から触った程度で
 ウィルスに感染してしまったんだとしたら、
 このウィルスは強い感染力を持ってるってことになる。
 間違いなく、これから世に広まっていくだろう……」

「……なんてことだ……」

「それを食い止めるためにも、
 お前や、お前の会社の部下を元に戻すためにも、
 お前が今どうなってしまっているのかを、知る必要がある……
 悪いが、このまましばらくここにいてもらうぞ」

「……分かったよ、ブルー。
 なんでも協力する」

「……ああ、必ず元に戻してみせるからな」


…………


517D66D6.png

「くすくす……おはよっ♪」

「おっ、その模様!
 やっとお前も終わったか♪
 イイケツしてんなぁ、おい♪」

モミュッ

「あはぁん……♪やぁん♪♪
 女の子の体に触ったらセクハラだぞぉ♪」

ムニュウッ

「きゃはっ……♪
 数日前まで男だったのに何言ってるのよぉ♪」

517E2832.png

「……朋子さん」

「なぁに?」

「課長、
 作戦開始のちょっと後くらいから、
 会社に来なくなっちゃいましたね」

「ふふっ、今頃男漁りでもしていたりしてね♪」

「だといいんですが、
 ……病院にでも行かれていたら厄介ですねぇ。
 少し動きを追っておきますか……」

「……そうねぇ♪
 それじゃ、早速課長の家に行ってみよっか♪」


つづく……
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

更新お疲れ様です!
これはグリーンさんの今後の活躍に期待できそうな展開に…?
ここから精神がどう変質していくのか楽しみです

No title

更新乙です
次回作も楽しみにしてます!季節の変わり目で体調など崩されないように頑張ってください!

No title

>ate様、uncho様
ありがとうございます!
今後ともよろしくお願いします!
プロフィール

Jkank

Author:Jkank
サークル『コラプト』代表です。
(一人サークルですが)

Twitterやってます
https://twitter.com/Jkank

Pixivもやってます(ほとんど投稿はしていませんが)
http://www.pixiv.net/member.php?id=51640

I don't permit to upload my commercial games on any uploader or to translate them into another languages and distribute the translated whole software.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
FC2投票
次回SSシチュに関するアンケート
無料アクセス解析